自宅ショップ回想(2)

とにかく「雑貨屋さんがしたい」というのが動機でしたので
べつにそれは「自宅」じゃなくてもよかったのです。

でも、シビアな話お金がいるでしょ、、、
どこかに物件借りて家賃払ってなんて到底無理です。
それにずっと続けたきた自宅でのトールペイント教室は
どうしてもやめる気にはなりませんでした。
「人をもてなす喜び」
「楽しい時間を共有する」
「いくらかの収入になる」
そういう意味でトールも店も同じなんですよね。
だから教室は規模を縮小してでも続けたかったし、
それにプラスしてどうしてもお店がしてみたかったのです。

私は、、、欲張りな人間ですわな。
よく家族が許してくれたと思いますよ。
特にはじめの2年くらいは週1日(水曜日のみ営業)とはいえ
玄関やら居間やらに商品を並べまくりですよ。
前日から準備しますから家族がくつろぐスペースはなし。
今思い出すとよくあんなプライベートな空間で好き放題したもんだと
思います。家族の理解(いや忍耐か)なしにはできなかったことです。
すまぬ、よくばり母さんは君たちに心の底から感謝してるぞよ!

それと、忘れてならないのはショップの運営を一緒に始めてくれた
A子さんとB子さんの存在です。
いつも一緒に雑貨屋さんめぐりをしていた友達2人をこの無謀ともいえる
ショップ経営に引っ張りこんじゃった、、、

つづく☆
[PR]
Commented by つゆまめ at 2008-02-20 17:14 x
はじめまして。佐伯区でミヤカグという雑貨と家具の店をしております。
実はその週1だったころに(たぶん本当に最初の頃だと思います)おじゃまさせていただいたことがあります。
その時に購入させていただいたパッチワークのカードケースを今も使わせていただいてます。
その時はまさか自分が雑貨屋をするなんて思わなくて、ただただ素敵なリビングと商品たちに純粋に目が釘付けでした。
(私はレモンタイムさんと違って雑貨屋がしたくて始めたわけじゃないので・・笑 
嫁に来たらたまたまそこがお店だったというだけなんです・・・)
Commented by レモンタイム at 2008-02-20 20:24 x
初めまして!
コメントどうもありがとうございます。週1の頃に来てくださってたんですね、カードケース永く愛用していただき嬉しいです。作者は己斐在住の70代の方だったんですよ、今は体調をくずされて会ってないのですがこうして今も大事に使っていただけてること伝えておきます。つゆまめさんのブログよく見てますよ、だってミヤカグさんはすっごく気になる存在だし。でも私と違って本格的に仕事として営業しておられるから、それこそ色々思うことがおありでしょうね。つゆまめさん頑張れ! 同業者と名乗るのもおこがましいですが、最近悩みが多くてちょっと弱音吐きたい気分なんですよ、相談に乗ってほしいくらいです。(ブログじゃ無理ですね)近いうちにミヤカグさんにも伺いたいです。これからもどうぞよろしくお願いします。
by Lemon_Thyme | 2008-02-20 13:23 | 店について色々 | Comments(2)