チロのつぶやき

a0081907_1294557.jpg

今日はいつにも増して寒い1日だな。
外はどんより曇ってるし。雨降るのかな。
オカン(人間)が「店に誰も来ないねえ〜」とぼやいてる。
ま、僕はこうしてコタツでじっとしてればいいわけで。
な〜んにもしないで眠くなったら寝る。
ちょっとお腹がすいたなと思ったらカリカリを食べる。
実年齢2才半、人間でいえば26才くらいの好青年なんだけど。
青春持て余しちゃってるかな、僕。
毎日こんなんでいいんかなあ、、、と思わないこともないけど。

ま、いいや、今日は寒い1日なんだから。
[PR]
by Lemon_Thyme | 2007-12-21 12:37 | うちの猫です | Trackback | Comments(0)

怪我してしまいました

a0081907_1059091.jpg

先週の事です。いつもは猫が入れないようにドアを
閉めている2階の寝室にチロが侵入、自分で網戸を開けて
窓から脱出して、まず洗濯干場の屋根に降り隣の敷地との
境のブロック塀に飛び降りようとして着地失敗、後ろ足の
爪がバキッと取れてしまいました。ドジ、、、
血がポタポタ出たので娘が動揺し、病院に連れて行ったら
縫合のため1泊入院という結構な騒ぎ&出費となりました(泣)

もうこの指からは爪は生えないそうです。
傷を舐めてはいけないので首にカラーを巻くように
指示が出ました。抜糸は2週間後とのこと。

もともと野良出身なので今だに外の世界への好奇心が
捨て切れないみたい。これにこりて無茶なことはやめてほしいよ、
チロ君。

a0081907_10592457.jpg

そんなチロに寄り添って眠るチャチャ。

[PR]
by Lemon_Thyme | 2007-10-03 11:19 | うちの猫です | Trackback(1)

暑くてたまらんのですが

a0081907_11333937.jpg

ああ、暑い、、、
そろそろエアコン入れてもらえませんか
a0081907_11335638.jpg

お、エアコンスイッチオンだ
涼しい風よ、待ってたぜ
a0081907_11341161.jpg

あ〜、いいねえ
やっぱここはベストポジションだ
あ、、、眠くなってきた
気持ちいいねえ
a0081907_1134252.jpg

エアコンの 風にあたりて 猫ひるね

[PR]
by Lemon_Thyme | 2007-08-08 11:55 | うちの猫です | Trackback

衝動買い

昨日の夕方、娘が「ちゃお」と学習ノートがいると
言うので2人で広電会館の3階に買いに出掛けました。
購入後、3階から階段を降りると2階にある
「パレット」という衣料雑貨店のワゴンが
なにげに目に止まりました。
ここのワゴンはいつも商品を適当に
積んどいた感いっぱいなのですが、その雑多な品の
頂上になぜか「ペットのねどこ」がでーんと
積まれていたのです。(2個ほど)
娘が「これ買ってや〜、これ買おうやあ。
チロとチャチャが喜ぶけえ、買ってあげようやあ。」
と言いました。
(広島弁というのは文字に打つとどうしてこうも
田舎くさいんでしょう。)

だが布地の柄が最高にダサイのです。
到底普通の布屋さんではお目にかかることはできません。
この印刷がズレた熊(←たぶん)をキモカワと思えと?


柄の悪さに一瞬躊躇したのですが、結局買いました。
だってお値段があーた、「390円(税込)」なんです。
安いっ、大きくてフカフカしてるし。


家に持って帰ったら2匹の猫は早速その中に喜々として
もぐり込み、スヤスヤと仲好く眠ったのでした。
パレットさん、たまにいいモノありがとう。

a0081907_12331569.jpg

↑熊っぽいプリントの顔部分には目鼻がない ある意味すごい柄
[PR]
by Lemon_Thyme | 2007-03-12 12:39 | うちの猫です | Trackback

チロとチャチャ

a0081907_1537276.gif


名前は小学生の娘がつけました。

白い毛の多いオスは毛が白いからシロ。
それではそのまんまなので「チロ」。

全体的に茶色い毛のメスは毛が茶色いからチャ。
それでは物足りないので「チャチャ」。

安易だ、、、さすが小学生。

両方「チ」ではじまるから呼び間違いも
非常に多いです。

でもこの名前で1年たちました。

[PR]
by Lemon_Thyme | 2006-07-06 15:38 | うちの猫です | Trackback

野良猫の親子が来た日

a0081907_15233521.jpg



去年の夏の日の夜のことでした。

勝手口で猫の鳴き声がするので覗くと
母猫と2匹の子猫がどこからか
迷いこんで来ました。

母猫は茶と黒のブチで般若のような顔をした
それはそれは恐ろしい風貌をしておりました。
猫のホラー映画があるなら、間違いなく
主人公になれそうなお顔だち。

しかし、子猫らは生後2か月くらいでしょうか
なんとも可愛らしいのです。

娘と私は思わず子猫たちだけに食べ物を
与えてしましました。
母猫は人間慣れしてないようで、
こちらに近づこうともしませんでした。

その夜以来、子猫2匹はすっかり
うちに居着いたのです。

母猫は半月ほどは毎日様子を見に来ました。
エサを食べる子猫の姿を遠くからただじっと
見つめていました。



「人間さん、どうやら私の子供たちを
 養ってくださるようですね。
 でも私までは面倒みる気はないようですね。
 (それは私がぶきみだからですね、恐らく)
 気にしないで下さい、私は人間嫌いですから。
 どうかくれぐれも大事に育ててやって下さいよ。
 私はもうここには来ません。
 新しい恋を探して旅立ちますわ。
 さようならぁ〜。」

と、彼女がつぶやいた。


かどうか知りませんが、バッタリ来なくなりました。


あれから1年、、、、。
我が家には2匹の猫がいます。


[PR]
by Lemon_Thyme | 2006-07-06 15:30 | うちの猫です | Trackback