カテゴリ:店について色々( 69 )

昨日、広島市西区にあるカフェハーストーリィハウスで開催された会に
いち受講者として参加してきました。 
「夢をカタチにした雑貨屋オーナーのお話」というタイトルで
saku saku saku*さんpokkeさんからお店にまつわる色々なお話を
うかがいました。
お二人のショップ立ち上げの理由やこれまでの経緯には
全く気負ったところがなく、無理せず自然体で続けておられる姿勢が
とても新鮮で素敵だなあと素直に思いました。
小さなお子さんがいても自分の好きな事はあきらめないで実践されてるので
一歩踏み出す勇気をもらった参加者の方も多いことでしょう。

今回の会は、お2人のゲストさんのお話をきくだけかと思いきや
全員意見をふられる場面が多々あり(汗)最初は自分も雑貨が好きだと
いうことだけしゃべってたのですが、最終的な感想を求められた時には
小さいながらも店をやってる者のサガでしょうか、
「レモンタイムにもよろしかったらぜひ来てください〜」と
皆様に宣伝してしまいました、、、、
ただの受講生としておとなしくしとくつもりだったのに、、、、、
今思い出すと恥ずかしいかぎりです。

でも、おかげでハーストーリィハウスさんの方からうちのショップカードを
置いてあげましょうと言ってくださったり、会の終了後にゲストのお2人と
個人的にお話をすることができました。嬉しいかぎりです!!!
ありがたいことです! 参加してよかったです。

実は私はこれまで他の店主さんとお付き合いしたことがありません。
雑貨屋さん巡りは好きですが、行った先でわざわざ自分も店をしていると
言うのはなんだかおこがましい気がしてましたので。
でもこれからは、恥をしのんで、いやもっと自分の殻をやぶるつもりで
色々な方と交流していきたいと思いました。
お客さま、作家さま、そして雑貨屋の店主さま、
どうぞ宜しくお願いいたします〜。
a0081907_1240467.jpg

↑デジカメを忘れたのでハーストーリィさんのブログからおかりしました。
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-06-18 12:46 | 店について色々 | Comments(2)

ハナミズキに想う

a0081907_9575226.jpg

今朝、ゴミを出しに外に出た時、
庭のハナミズキが快晴の空をバックにとても綺麗だったので
思わず写真に撮りました。
13年前、この家を建てた時の記念樹として家族で
植えたハナミズキです。

お花見の時期に桜を眺めて感じるあの気持ち、、、
儚さというか、無常感というか、、、
それと同じ感じをこの白いハナミズキを見て想います。
1年のうちのほんの数日ですから、白い花をつけてるのは。

大事にしたいです、1日1日を。
お店もやれる間はやれる事を精一杯やっていきたい。
お店に関わってくださる全ての方に感謝しながら、、、、、、、


***********************
明日はショコラちゃんとベリーちゃんの新バージョンを
ご紹介しますね。お楽しみに。
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-04-25 10:18 | 店について色々 | Comments(0)

自宅ショップ回想(7)

今、一度書いた文章を読みなおして、結局削除してしまいました。
手作り品の委託についてなのですが、これまでの詳細を載せるのは
ちょ〜っとまずいかな。回想は自分の中に留めておきます。

今現在の心境を言うなら、、、
ここ1〜2年で手作り品を扱うショップがかなり増えて
私自身これからどうしていくべきか日々考えています。
店のオリジナリティを出しつつ、委託品を受けていくには
どうすればいいのか?
預かりっぱなしにはしたくありません。

例えが変ですが、親元離れてやってきた可愛い子供たちを
世に出すべく思案する芸能プロダクションの胸中とでも
申しましょうか。(例えに無理がある?)
売れっ子にしたいのですよ。
少しでもたくさんのお客様に見に来ていただきたいわけです。
それが委託ショップのつとめというものです。

言いたいことの10分の1も言えてない気がしますが
お客様と作家さんを結ぶかけ橋として
頑張りたいと思う今日この頃なのでした。
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-03-03 22:33 | 店について色々 | Comments(5)

自宅ショップ回想(6)

和室をショップにするにあたり、アイデアを絞りながら
あらゆる工夫をしました。改築はしませんでした、いつかこの先
それがいつかはわからないけど諸事情でお店をたたむ日が来た時、
元の8畳の和室に戻せるようになってます。
自宅の一部ですが、自分用に借りてるスペースといえます。
この部屋で営業して3年近くたつので、今では感覚的には「家」というより
私にとっては「レモンタイム」という愛すべき場所となりました。

a0081907_23471461.jpg

ma maisonのちひままさんによる最近の店内写真です。
ちひままさん、素敵に撮ってくださって本当にありがとう。
棚の裏側が床の間で、そこに障子やふすまや和風照明やらを隠しております。

*****************************
次回の自宅ショップ回想は「委託とハンドメイド」に関して思うことを
書いてみたいなと思ってます。
つづく☆
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-28 00:08 | 店について色々 | Comments(2)

自宅ショップ回想(5)

2003年9月から2005年3月までの1年半、
毎週水曜日の自宅ショップは続きました。
前日はトール教室の終了する4時に3人が集まり(1名は別の仕事の帰り)
夜の7時くらいまで店内のセッティング(冬はコタツをどけるとこから
始めるのだ) 当日は閉店後にやはり7時くらいまで片付けや精算、
他の日には仕入れなど準備に時間を費やす、、、
といったハードな日々だったので次第に疲れました。
何より店ではない週6日間=倉庫のような居住空間は精神的にしんどかった。
「ああ、店専用のスペースがほしい!こんなことなら
家を建てる時に店鋪付き住宅にすればよかった、店をやりたいと思う
タイミングが遅かった〜」とちょっと後悔したわけです。

でも、
タイミングがずれたっていいじゃないか、人間だもの(みつを風)

いつ何を自分がやりたくなるかなんて予想はつきません。
だから現実をぼやくのではなく、いかにして前進するかが問題なのです。

こうして、悩んだ末に、時々身内が泊まる部屋であり末娘の部屋でもあった
我が家で唯一の和室を商品常設の店として使わせてくれないかと
家族に相談したのでした。

あきれて反対する夫をあきらめることなく説得、
(↑夫婦の危機につき詳細は省略)
いやがる娘をうまいこと言って説得、
(↑取引きにつき詳細は省略)
紆余曲折を経て私はついに和室をショップに変身させたのだった。

つづく☆
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-27 12:41 | 店について色々 | Comments(0)

自宅ショップ回想(4)

お店をやってる3人の趣味志向が合ってるというのは大事なことです。
私達は大体好きな雑貨インテリアの好みが合っていたので
商品セレクトの話し合いはスムーズにいきました。

でも、趣味が合うというのは時としてこんなことに↓

開店から数か月がたって週1回の店びらきのリズムがつかめた頃、
冬のソナタにどっぷりとハマってしまったのです。
3人全員がほぼ同時に。
a0081907_123312.jpg

特に私のヨンフルエンザ(ヨン様を想う熱病状態)はひどかったですね。
もう1人はチャンドンゴンもいいと言ってました。
こうして冬ソナをきっかけに私達は怒濤の韓流の渦の中へ、、、、、

かくして店の一角に「韓流コーナー」が出現いたしました。
お〜い、誰か止める者はおらんかったんか〜?



今思えば、せっかくカントリーとハンドメイドを目当てに来てくださった
お客様からすれば「???」だったことでしょう。ごめんなさい。
やはり店全体の雰囲気の統一感は大事ですよね。
これ以降は商品構成が合ってるかどうかなるべく心掛けるようにしております。

*******************************
次回はcherryさんとRyoさんの新作が届きましたのでご紹介しますネ。
自宅ショップ回想(5)はまた後日、、、、
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-22 12:24 | 店について色々 | Comments(8)

自宅ショップ回想(3)

A子、B子、そして私の3人で進めた開店準備期間は
それはもう密度の濃い日々でした。
決めなきゃいけない事が山ほどありました。
たった週1回のお店とはいえ、真剣勝負ですよ。
意見がぶつかることもありました。
これ(と言って親指と人さし指で丸を作る)もからんでくるし。
、、、えらいリアルな話やな。

でも楽しかった。本当に楽しかった。
まるで文化祭の準備に情熱を注ぐ高校生のような高揚感でした。

a0081907_1211072.jpg

↑ついに来たオープン当日の朝。開店前に撮影したリビングの様子です。
リビングは主にホワイト系の輸入雑貨、玄関には思いっきり
アメリカンカントリーなものを並べました。
この日をスタートに毎週1回商品を並べては片付けるの日々が続きます。


明日はちょっと面白いエピソードをば1つ。
つづく☆
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-21 12:30 | 店について色々 | Comments(2)

自宅ショップ回想(2)

とにかく「雑貨屋さんがしたい」というのが動機でしたので
べつにそれは「自宅」じゃなくてもよかったのです。

でも、シビアな話お金がいるでしょ、、、
どこかに物件借りて家賃払ってなんて到底無理です。
それにずっと続けたきた自宅でのトールペイント教室は
どうしてもやめる気にはなりませんでした。
「人をもてなす喜び」
「楽しい時間を共有する」
「いくらかの収入になる」
そういう意味でトールも店も同じなんですよね。
だから教室は規模を縮小してでも続けたかったし、
それにプラスしてどうしてもお店がしてみたかったのです。

私は、、、欲張りな人間ですわな。
よく家族が許してくれたと思いますよ。
特にはじめの2年くらいは週1日(水曜日のみ営業)とはいえ
玄関やら居間やらに商品を並べまくりですよ。
前日から準備しますから家族がくつろぐスペースはなし。
今思い出すとよくあんなプライベートな空間で好き放題したもんだと
思います。家族の理解(いや忍耐か)なしにはできなかったことです。
すまぬ、よくばり母さんは君たちに心の底から感謝してるぞよ!

それと、忘れてならないのはショップの運営を一緒に始めてくれた
A子さんとB子さんの存在です。
いつも一緒に雑貨屋さんめぐりをしていた友達2人をこの無謀ともいえる
ショップ経営に引っ張りこんじゃった、、、

つづく☆
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-20 13:23 | 店について色々 | Comments(2)

自宅ショップ回想(1)

開店から5年目、最近いろいろと思うことがあるので反省と自分への
叱咤激励の意味も兼ねてちょっとづつ書いていこうと思います。
まずはこれまでを振り返ってみようかと。

本棚から久しぶりに1册の本を取り出してみました。
a0081907_1217245.jpg

店を開きたいと思いめぐらせていた頃に買ったショップ運営のガイドブックです。
ミセスですよ、ミセス。おしゃれで上品なイメージでしょ。
憧れがいっぱい詰まった当時の私のバイブルのような本で、くり返し
読んだものです。


んが、しかし。


今思えば自分に重ね合わせるにはあまりにも無理があるというもので。
私のどこがミセス?、、、はい、確かに夫はいるし歳は食ってます。
でもミセスという柄じゃないですわ、これが。
気取った感じはどうも性に合わんとです。

a0081907_12174421.jpg

中には素敵なお店がたくさん紹介してあって夢見る夢子の私は心踊らせたものです。
自分には無理かなと何度も思い、躊躇もしましたよ。
本に出てくるオーナーさんたちみたいに自信を持って公開できるような
「自分が築き上げてきた世界」なんてなかったし。

でもね、雑貨は大好きだしお店はしたいし(接客業が好きなんですよ)
したいと思ったことはしないで後悔するくらいならとりあえずは
してみないと気がすまないところがあるのです。

20代の頃に病気したことをきっかけに
生きてるうちが花なのよ、死んだらそれまでよ。
が座右の銘(というんですかね)になったもんですから。
やりたい事はやれる時にやってみなくっちゃ!

つづく☆
[PR]
by Lemon_Thyme | 2008-02-19 13:32 | 店について色々 | Comments(0)